【新発売】宗玄 大吟醸古々酒 畠山左衛門尉宗元

10月1日 日本酒の日、宗玄酒造の創業にまつわる始祖の名を冠した大吟醸古々酒「畠山左衛門尉宗元」を発売します。創業250年となる2018年全国新酒鑑評会金賞受賞酒を、皇太子殿下行啓記念として低温貯蔵庫にて5年間熟成させた、200本限定の逸品です。

ご予約の受付を開始しました。是非この機会に宗玄の歴史と共にお楽しみ下さい。

宗玄酒造の歴史と「畠山左衛門尉宗元」について

宗玄酒造の創業は江戸時代中期の明和5年(1768年)宗玄忠五郎ですが、その始祖は戦国時代に遡ります。上杉謙信の能登攻めがあった頃、「霜は軍営に満ちて秋気清し」の七言絶句で有名な七尾城。その城主、能登管領畠山式部大輔義春の一族である畠山左衛門尉宗元が、若年にして刀剣一振りとともに能登に逃れ、長じて名を宗玄忠左衛門に改めて一戸を構えたのが、現在の宗玄酒造の場所です。この大吟醸は、日本酒造りの原点に思いを馳せて宗玄酒造の始祖の名を冠したものです。また、宗玄酒造が掲げるトレードマークの剣山の意匠にも、始祖が侍であったことの示しが認められます。

商品名:宗玄 大吟醸古々酒 畠山左衛門尉宗元
価格(税込):33,000円
内容量:720ml
精米歩合:35%
日本酒度:+3
アルコール度:17%
おすすめの飲み方:
冷酒~常温 ワイングラスでお飲み頂くと、よりおいしくお召し上がりいただけます。

ご予約受付・お問い合わせ先

品質管理のため蔵元直売・受注生産商品となります。お買い求めは宗玄酒造本社または金沢営業所までお問い合わせください。

<本社>電話:0768-84-1314  <金沢営業所>電話:076-280-1314

メール:info@sougen-shuzou.com

カテゴリー: お酒のご案内, 酒造り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。